そらエネでんきの評判・口コミやメリット・デメリットまとめ

そらエネでんき エネルギー

「電気の供給会社をそらエネでんきに切り替えたらどれくらい安くなる?月々の料金はいくら?」など、そらエネでんきに関する疑問にお答えします!

結論から先に言うと、そらエネでんきは電気の利用が多いファミリー世帯におすすめの新電力会社です。この記事では、実際にそらエネでんきを利用している人の口コミ評判を紹介や、他の新電力会社と比較した月額料金のシミュレーションも掲載しているので、ぜひ参考にしてください!

そらエネでんきの基本情報
提供エリア(電力会社)東京・東北・中部・関西・中国・九州
月額料金料金プランを参照
初期費用0円
支払い方法クレジットカード
開通までにかかる日数申し込みから2週間〜1ヶ月半程度
解約手数料0円
メリット・従来の電力会社より電気料金が安くなる
・環境に配慮した電力を使える
・共感する団体に寄付ができる
デメリット・相対的に割高になる場合がある
・提供エリアが限定される

3つの料金プラン

そらエネでんきは3つの料金プランを提供しています。

  • 得するプラン
  • 寄付するプラン
  • for REエナジー

最もベーシックなのが「得するプラン」です。3プランの中で最も料金が安いプランです。

寄付するプランはNGOなどに寄付が出来るプランで、「得する」よりも電気代が1kWhあたり1円高いです。一般家庭では月に300円前後、「得するプラン」よりも高くなるでしょう。

for REエナジーはCO2排出量ゼロ・実質再エネ100%の料金プランです。エコな電気を使いたい人のための料金プランです。電気代は「得するプラン」と比べるとだいぶ高いです。

注意点としては、他社(大手電力・新電力)にはある「燃料費調整額」という項目が、そらエネでんきにはありません。ほとんどの電力会社は同じ燃料費調整額を採用していますが、そらエネでんきにはそれが無いので、料金を比較する時に注意が必要です。料金メニューの単価を比較するだけでは実際の料金は分かりません。

解約時の違約金は?

 解約違約金などはありません。

支払い方法は?

 クレジットカード払いのみ対応しています。

メリット1. 使用量が多い家庭ほどお得

大手電力会社のように利用量に応じて従量単価が上がらず、従量単価が一定であるため使用量が多いほどメリットは大きくなります。

東京電力エリアで比較すると、東京電力では従量:~120kwhでは1kwhあたり19.88円、従量:121~300kwhでは26.48円、従量:301kwh~では30.57円ですが、そらエネでんきの得するプランでは従量単価は21.5円と一律であるため使うほどメリットは大きくなり、評判の良いポイントです。

メリット2. 地球にやさしいエコな電気|再生可能エネルギー

再生可能エネルギーである太陽光発電による電気を仕入れし供給しているそらエネでんきを利用することで、環境にやさしく日々の暮らしの中で環境問題へ取組めるメリットがあります。

再生可能エネルギーである太陽光発電は火力発電と比較して温室効果ガスの排出量が少なく、地球温暖化の原因と言われている温室効果ガスを排出しません。日本に限らず世界中で再生可能エネルギーを導入する動きが広まっています。

デメリット1. 一人暮らしなどではそこまで安くない

大手電力会社では、従量料金単価を3段階に設定しており利用が多くなるほど単価が上がるシステムを採用しています。そのため1人暮らしなど利用量が少ない場合には3段階のうちの最も安い従量単価が適用されます。

対して、そらエネでんきは一律の従量単価が適用されるので東京電力エリアでの30A/120kwhで比較すると4円のメリットしかでません。

デメリット2. 燃料費調整がない|燃料価格が安いと損する可能性がある

そらエネでんきは燃料費調整制度を採用していないため、燃料価格が高いときには大手電力会社やほかの電力会社によりも安くなりますが、燃料費調整額が下がる局面では他社でされる燃料費調整による値引きがされないため割高となります。

燃料費調整制度を採用していないことは原油・LNG(液化天然ガス)・石炭などの価格上下により左右されてしまうため、デメリットにもなります。

そらエネでんきはこんな人におすすめ

まとめると、そらエネでんきは以下にメリットを感じる人におすすめです。

  • 従来の電力会社(東京電力や関西電力など)と契約していて、電気代を安くしたい
  • 環境に配慮した電力を使いたい
  • 共感できる団体に寄付がしたい

デメリットはあるものの、メリットが多いそらエネでんきはおすすめの電力会社です。

申し込みから開通までの3つの手順

手順1.申し込み

申し込みは公式サイトから。

「お申込みはこちら」のボタンを押しましょう。

契約内容の選択

今回は、「得するプラン」の申し込みをします。「寄付するプラン」を選択しても、基本的な流れは同じです。

手順2.確認事項にチェックを入れる

約款などの確認事項に目を通し、チェックを入れます。

すべてチェックを入れたら、「次へ」のボタンを押しましょう。

手順3.申し込み情報の入力

申し込み情報を入力します。検針票をもとに、現在の電力会社も入力しましょう。

入力が終われば、「確認」のボタンを押して次に進みます。

最終確認&開通を待つ

最終確認をします。間違いがないか、しっかり確認しましょう。

問題がなければ、「送信」のボタンを押します。

あとはそらエネでんきからの連絡を待つだけ。基本的には申し込みから1ヶ月後の検針日に開通です。

コメント