車は大きな買い物の一つ!マイカーローンの概要・歴史・メリット・デメリットを知っておこう

ローン

車は大きな買い物の一つ!マイカーローンの概要・歴史・メリット・デメリットを知っておこう

「憧れの新車をすぐ手に入れたい!」
「車が壊れたので、取り急ぎ新しい車を購入したい」

車を欲しいと思うタイミングは人それぞれですが、車が欲しいと思う時ほどお金がないというケースは、多くのドライバーが経験していると思います。
そんな時、住宅ローン同様、普段借金には縁のない人も使っているのがマイカーローンです。

今回は、車が欲しい人の頼れる味方・マイカーローンの概要や仕組み・歴史・メリット・デメリットについてご紹介します。
欲しい車をあきらめる前に一度検討してみたい、良心的なローンの一つです。

◎マイカーローンの概要と仕組み

名前から想像できると思いますが、マイカーローンとは、その名の通りマイカーのために組むローンのことです。
具体的には、自動車ディーラー・金融機関から、自分が買いたい車の購入代金を貸し付けてもらうことを意味します。

マイカーローンを組んだ場合、購入時にまとまった金額を必要とせず(頭金を用意してもOK)、高い車両代金を分割で支払うことができます。
利息こそ発生しますが、車は生活必需品の一つでもあることから、クレジットカードのキャッシングなどと比べて良心的な利率となっています。

◎古くは「オートローン」として知られたマイカーローン

マイカーローンの前身となったのは、現在の日産自動車が始めたオートローンと言われています。
本来は新車向けの商品として広まりましたが、中古車市場が拡大すると、信販業者が中古車向けのオートローン商品を引っさげて参入するようになります。

ディーラーがファイナンス会社を設立してからは、ディーラーが所有権を持つディーラーローンを販売戦略に組み込むようになり、残価設定ローンのような下取り価格を想定した新商品も生まれました。

◎マイカーローンはどのように契約する?

マイカーローンを契約する場合、金融機関で契約するケースと、ディーラーで車を買うのとセットで契約するケースの2つが主流です。
中古車の場合は、信販会社などを経由して、別途契約を交わすことが多いようです。

◎マイカーローンで車を買うメリット

マイカーローンで車を買えば、本来なら車を買うために必要なお金を貯めずに、自分が欲しい車を購入できます。
ローンとしては比較的金利が低い部類に入るため、消費者金融やクレジットカード会社に比べると気軽に組みやすいローンとなっています。

借金をせずに車に乗ろうと考えた場合、何年もお金を積み立ててやっと購入しようと思ったら、次のモデルが出ているケースも珍しくありません。
自分がどうしても欲しい車を今すぐ手に入れたいなら、非常に助かる仕組みです。

◎マイカーローンで車を買うデメリット

マイカーローンを組む場合、その車に特別な思い入れがあるか・完済後も乗り続けるかを十分に検討しないと、こんなはずじゃなかったと頭を抱えるおそれがあります。
高いローンを出して購入したのに、結局車の維持費を捻出できず、売却後に借金だけが残るリスクも十分考えられるからです。

また、ローンの取り扱いのある金融機関・ファイナンス会社によって、金利が大きく異なります。
銀行・信用金庫などであれば、所有権が自分のまま金利を2.5~3%ほどでローンを組めますが、ディーラーのファイナンス会社であれば6%になることも珍しくありませんし、所有権は完済するまでディーラーのままです。
車の必要性と借入先は、きちんと相見積もりをとって慎重に選びましょう。

◎おわりに

お金を貯めずに欲しい車を今すぐ手に入れたいなら、マイカーローンは検討する価値が十分にあるローンです。
金利も安い部類に入り、返済期間も決まっているため、借金に抵抗のある人でも気軽に組めるローンと言えるでしょう。

ただし、会社や金融機関によって金利が違うため、事前にチェックが必要です。
ディーラーの言いなりにならず、自分の目で条件を確かめて、少しでも自分の有利な条件でローンを組むようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました